シロクロ

歯列矯正とうんこのブログ
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 朝雨やったのに仕事終わったら晴れててびびった | main | 毎年5月に行く率が高いので、これから毎年の恒例行事にしようかな。 >>
# 高島先生

ちょっと最近っていうか、昨日下ネタすぎて自分でもひいたので、まともな話を書きます。 

今朝赤さんが、パン(朝に食べる食パンのこと)が無かったらさーちゃんのパン貸してあげるで。と言ってきました。
「さーちゃん、それは貸してあげるっていうんじゃなくて、あげるでって言うんやで?」と言ったら、小学生のころの習字の先生の思い出がフラッシュバックしました。

高島先生っていうんですけど、忘れ物をしたら必ず先生に言わないといけないんです。まあ、ここは当たり前かな?と思います。わかります。

菊池くんが墨汁を忘れた日があって、そのときに、高島先生に
「墨汁を忘れたので○○さんに借りました」と言いました。
すると先生は、
「借りる?ということは、その墨汁は○○さんにまた返すんやな?使った分だけちゃんと返すんやな?」
と、言いました。

いやいやいやちゃうやん。そこはもう、なんかわかるやん。高島先生もわかってるんやろ?
普通借りるっていうやん。
あーちょっとお醤油切らしちゃったからお隣さんに借りてくるわ〜って昔からの日本の昭和の文化ですやん。
昭和のその時代に、
「これ、昨日借りた醤油って持ってこられたら、いやいや何水臭いこといってんの〜」ってなって近所づきあいがぎくしゃくしますやん。


それで、菊池くんが、あ・・・はい・・・みたいなことになってたら高島先生が
「それは墨汁を借りましたじゃなくて、もらいましたっていうんや!○○さんに、もう一回、墨汁をくださいって言いなおせ!」と言います。
なにこれ!これ何プレイなん!
なんでみんなの前で菊池くんは「公開ください」させられてんの?
小学生ながら、私は高島めんどくせーーーー!って思いました。


そして、高島先生の授業の時にはもう一個決まりごとがあって、文鎮を落としたら、「ごめんなさい」と大きな声で言わないとだめなんです。
それはなんでかというと、文鎮を落としたら大きな音がするので、みんながびっくりします。
そのびっくりさせてごめんね、という意味で「ごめんなさい」と言わないといけないんですけど、文鎮を落としたよりも大きな声で言わないと高島先生は怒るので、結局みんな「ごめんなさい」の声でびっくりします。
高島先生ほんとめんどくさいわー。


それでおなじみの菊池くんが、ほんと忘れん坊で、すぐいろいろ忘れるから、ある日菊池くんが高島先生に、
「○○を忘れたので○○さんからもらいました」と言ったら、
「菊池はこれで何回目や?お前には空を飛ばせてやる」と言い出しました。
クラス全員ぎょっとしました。
先生はドアを開けてドアの先の廊下の窓を開けました。
ここは3階です。
それで黒板に向かって右側が廊下なんですけど、思いっきり左にいって、そこで菊池くんを小脇にかかえて、
全力疾走で廊下まで走って、廊下の窓から落とすフリをします。
これ、今の時代だったら、完全に、
「高島、アウトーーーー!」です。


| comments(0) | trackbacks(0) | 22:57 | category: - |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:57 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
twitter
あわせてよむらしいよ?
あわせて読みたいブログパーツ
Search this site
Sponsored Links